【30代】顔に出来るシミの原因・種類・対策法

【30代シミ化粧品選び】美白成分より保湿力が重要な3つの理由とは

更新日:

シミケアを化粧品で考える時、まずは重要視するのは「美白成分」ですよね。
しかし30代からの基礎化粧品選びでは、美白成分より「保湿力」が重要だとご存知でしたか。あまり重要視されない保湿成分ですが、スキンケアではとても大事な要素。30代のお肌の変化と合わせて、化粧品選びのコツをまとめました。

 

美白研究しみぃ
シミをケア出来る化粧品選びどうしよう?
30代のお肌はどう変わるの?
どんな保湿成分があるものを使えばよい?
とお考えの方は参考にしてみてください。

 

確かに30過ぎて、お肌が乾燥するようになった
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
乾燥はお肌の大敵!と言われているけど、乾燥肌をイメージした写真だよ

・・・・・
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
乾燥していると、いくら良い成分が配合されている化粧品を使用しても、お肌に浸透しにくいし、新たなトラブルも招きかねないの

 

 

30代保湿力が重要な理由とは

加齢により保湿成分が減少してしまう

赤ちゃんの頃はプルプルの弾力のあるお肌だったのに・・・

30代を過ぎて、何だかお肌の乾燥が気になりませんか?

 

メモ

お肌の表面「角層」の水分を守っている保湿物質

・皮脂
・天然保湿因子
・セラミドなどの角質細胞間脂質

 

水分の8割以上をセラミドなどの角質細胞間脂質が守っています。

 

セラミドの働き


・角層の細胞と細胞をつなぐ
・水分をはさみこむ

 

しかし、そんな優秀な働きをしてくれる「セラミド」は年齢を重ねるごとに減ってしまうんです。

 

 

美白研究しみぃ
赤ちゃんはセラミドの量が豊富だからモチモチしてしっとりしてるの。
赤ちゃんのお肌はさわり心地良いよね!一度減ったセラミドはもう作られないの?
シミに悩むA子

 

美白研究しみぃ
残念ながら、加齢で減ったセラミドを体の中から作り出すのはとても困難。だから補うことが重要。セラミド配合の化粧品を使えば、肌の水分量を増やすことができるよ

 

乾燥すると保護バリアが低下し、シミが出来やすくなる

お肌が乾燥すると、バリア機能が落ち、紫外線、摩擦などの外部刺激を受けやすくなります。

お肌の土台が大切なんだね・・
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
シミが出来やすくなるだけでなく、くすみやシワにもつながったり、乾燥していて良いことは何一つないんだよね。。

 

美白化粧品はさっぱりタイプ(乾燥しがち)なものが多い

シミケアをするためには美白成分が配合されている美白化粧品を使うことが重要になってきます。
美白化粧品は夏に使用する人が多いため、さっぱりタイプが好まれます。

また、シミ予防や出来たシミに効果的とされている、美白化粧品によく配合されているビタミンC誘導体は皮脂抑制の働きがあります。

皮脂の働きを抑えるのならいいんじゃないの?
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
確かにビタミンC誘導体は毛穴の引き締め・抗酸化作用もあって万能な成分だけど、「皮脂」は皮膚を外部刺激から守るために出ているものだから、それが抑えられると乾燥して逆に吹き出物などのトラブルが発生することも。

 

 

ここは押さえておこう!基礎化粧品選びのポイント

やっぱり、化粧水が重要かな?乾燥が気になったら多めにつければOK?
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
実はNG!化粧水の構成成分は大部分が水!角層のバリア機能が働いているから奥まで入っていかないの。また、多ければ多いほど浸透するというわけではないから、規定量を守って、水分が蒸発しないケアをすることが大切

 

 

保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶ

保湿成分の種類

タイプ 成分名 水分保持力
水分をつかむ NMF(天然性保湿因子)
グリセリン
水分を抱え込む ヒアルロン酸
コラーゲン
★★
水分をはさみ込む セラミド
レシチン
スフィンゴ脂質
★★★

 

保湿力NO1!是非取り入れたいのは「セラミド」!!

美白研究しみぃ
乾燥しらずのすこやかな美肌にはセラミド配合化粧品が重要なの。セラミドの種類は4つに分類されるよ
天然由来 動物性セラミド
植物性セラミド
合成由来 ヒト型セラミド
疑似セラミド

 

天然由来がお肌にやさしそう!
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
何より大事なのは、人の肌に近いものがオススメ。だからヒト型セラミドが1番保水力にすぐれているよ!

 

なるほど、セラミドは何に配合されている?化粧水にも入っているの?
シミに悩むA子
美白研究しみぃ
セラミドは水溶性の物質ではないから、美容液(ブースター)や乳液に配合されているよ。セラミドは化粧品原料が高価・・。極端に安いものは微量しか入っていないこともあるので、3000円以上を目安に選ぶのをオススメするよ!

 

乾燥対策は他にこんな方法もあり!

・洗浄力の優しいクレンジングや洗顔料に切り替える(クリームやミルクタイプなど)

・集中ケアを取り入れる(密閉効果の高いシートマスクなど)

 

美白化粧品でケアできるのは?顔に出来る5つのシミの種類・原因を解説

ふと鏡にうつる自分を見て、発見してしまう「シミ」。頬のあたりや目元に出来ている・・。すっごく嫌!消しゴムで消せたらいいのに! そんな顔に出来るシミにも色々な種類があり、原因も様々です。 自分のシミタイ ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか。

・30代からのシミ対策化粧品選びは「保湿」が最重要です。

加齢によりお肌の水分を保つ優秀な成分「セラミド」が減少してしまう、乾燥すると紫外線などの外部刺激を受けやすくなる、美白化粧品はさっぱりタイプが多い、そんな理由から「保湿力」がある化粧品を選ぶことが重要です。

30代からの化粧品選びでは「セラミド」配合の化粧品を取り入れてみましょう。(安価なのは微量しか入っていないこともあるので3000円以上が目安の指標)

 

【セラミド配合の化粧品】を比較!1500円以下で試せる!基礎化粧品トライアルランキングを見てみる>>

-【30代】顔に出来るシミの原因・種類・対策法

Copyright© 【30代からのシミケア】基礎化粧品ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.